<< 定番!本日のおやつ♪ | main | 夏祭り >>

サロンカラーとホームカラー

サロンカラーとホームカラーって何が違うの??
と思った事がある人・・・ひらめき

どちらのカラーも同じようにクリームを塗っているだけに見えますが!?

それはカラーの2剤に、とっても大きな役目があるからなんです。
美容室で染めることのメリットは、2剤の使い分けができるというのが最大のポイント!
サロンカラー
染料の入った1剤に種類があるのと同じように、2剤の過酸化水素にも濃度の違いがあり、髪の状態や目的で使い分けをしているんです嬉しい
カラーをする人の多くは月に1回など継続している人⇒⇒⇒髪の90%は既染部の状態です。
その上からカラーをしても、残ったカラーやダメージによって色ムラや痛みが出てきてしまうんですショック
そこで、髪の状態によって2剤の使い分けをするんですひらめき
ホームカラーの過酸化水素濃度は6%、対して美容室の2剤は1〜6%のものがあり使い分けできるんです星
過酸化水素はブリーチに深く関係するので、必要以上の濃度は髪のダメージに直結です汗
お客さまの髪の状態にあわせて薬剤をチョイスでき、カラーバリエーションも豊富な美容室のカラーリング。この違いは大きいですよ!!

市販のカラー剤と美容室のカラー剤の違いは!?

いちばん分かりやすい違いは、においではないでしょうか?
カラー独特の刺激臭が気になりますよね?
美容室のカラーは髪や皮膚へのダメージを抑えるために、揮発生(自然に蒸発する)のアルカリ剤(アンモニア水)を使っています。
そのため、においは感じるけど髪に残りにくいというメリットがあります嬉しい
市販のホームカラーは、このツンとしたにおいを解消するため、においの少ないアルカリ剤がメイン。
においは少ないのですが、髪・皮膚に残りやすく、ダメージにつながりやすいんですショック汗
においにこんなワケがあるなんてちょっと意外ですよね?
もうひとつの違いは、幅広いカラーバリエーションひらめき
お客さまの肌色やイメージにあった色味を提供できます。
サロンカラーは完全オーダーメイドなので美容師はお客さまのヘアカラーサイクルも考えます。
ダメージをケアしながら、より似合うカラーをより楽しく提供しています楽しい

                                                                                                      

なるほど!っと思ったらポチッとお願いします
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
                                  


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
facebookもよろしく!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
クチコミありがとう♪
フォローまってるよ〜♪
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座